«
   »
に投稿 コメントを残す

雲の名前 積雲 2021/08/01

積雲(せきうん)
 よく見る ぽこぽこ浮かんでいる雲。わたぐもと呼んでます。
 地面が太陽で温められると上昇気流ができます。上昇気流がある温度になると冷えて雲になります。その高さを対流凝結高度といいます。 対流凝結高度から上に雲ができるので、雲の下のラインが横一直線にそろっています。
 奥の方の雲は山並(三郡山系)に沿って並んでいます。
 手前にポツンとひとつ 雲が浮かんでいます。

 どんどん上に成長すると雄大積雲という雲になります。てっぺんがつるつる頭で丸い入道雲です。

 積乱雲のことをよく「入道雲」と言いますが、積乱雲は高度1万メートルくらいまで成長して、てっぺんが横に広がっていく(かなとこ雲)ので、もう入道ではなくなってしまいます。そして雷が発生します。てっぺんには少し毛が生えたようになっています。
 さらに成層圏へはいることをオーバーシュートといって、もこっと小さなたんこぶができます。

積雲から積乱雲

 積雲
 ➡ 雄大積雲(入道雲)
 ➡ 積乱雲(頭がぺったんこでちょっと毛が生える)
 ➡ オーバーシュート(たんこぶができる)

⇐ 朝焼け
 雲も名前 積雲と高積雲 ⇒

Please follow & like us

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

«
   »